チャットレディー募集・求人情報。好きな時間に在宅で時給2000円以上。女の子の高収入アルバイトならチャットレディー☆

キャバ嬢の会話のコツ 営業メール

多くのキャバ嬢は「営業メール」というものをしています。

メール営業とは文字通りメールを使ってお客さんに来店を促すこと。
チャットレディーもサイト内でお客さんとメールのやりとりができるので、メール営業はかなり使えます。会話ではありませんが、メール営業のテクニックも聞いてみました。

やっては危険なメール営業も

ただ、注意があります。それはメールがすごく上手い男性がいることです。ほとんどの男性はかんたんに営業メールにひっかかるそうなのですが、こういう元No1のキャバ嬢がキャバ嬢の本音を語ったマニュアルが出ていたりして、知っている男の人からはへたな営業メールは見抜かれてしまうこともあります。中には本当にメールが上手くてキャバ嬢のほうが好きになってしまうことも。

でも、それはごく少数の男性だし、こちらが欲を出さなければ大丈夫だそうなので安心してください。キャバ嬢はたくさんの男性にメールをしますが、「落としてやろう、店に呼んでやろう」というキャバ嬢ほどそういうマニュアルを使われるとうまく心を持っていかれて惚れてしまうそうです。心理学とかでそういうふうにマニュアル化されているようです。

そうでなく、楽しく会話ができるお客さんと、「友達とメールをする感じで連絡をする」ことで、忘れずにつなぎとめておくのがチャットレディーのメール営業の極意です。

ほとんどの男性は営業メールを出せばお店に来てくれるそうです。

メール営業の極意

キャバ嬢のメール営業の極意は「お客さんの来店を促しつつも、営業であるということを感じさせないこと」だそうです。お店ということを意識させてはいけないから、メールの文面にはとっても気をつかうそうです。例えばお店のことは書かずに「最近会えなくて寂しい」「メッチャ会いたい」とか書いて、もしお客さんがお店の外で会いたいと言ってきたら「でも、今忙しくてその時間には会えない……でも会いたいよ」みたいなことを書くそうです。

ある程度のテンプレートはあるけれど、相手の名前を入れるのはもちろんのこと。相手によっては内容を変えなきゃすぐメール営業だってバレてしまうので、前に話した話題を入れて「あの話の続き、メッチャ気になります!また話してください」なんて書ければとても反応はいいということ。

この場合、お客さんが来たときに前回の会話の内容を覚えていないといけないけど、チャットレディーはパソコンなので、メモしておけば会話の途中で前回何を話したか見ることもできるので簡単ですよね。


メール営業以外にも、キャバ嬢に「キャバクラでも使える」と言わせたチャットレディー用の会話方法もあります。この方法はチャットレディー用に書かれていますが、応用すればキャバクラでも良いお客さんを捕まえて楽しみながら稼ぐことができるこのマニュアル、会話に困っていたりもっと稼ぎたいというチャットレディーさんはぜひ見てみて下さい。